• TSUKUBA NextCentury
  • Park&Society Park&Land scape Park&Residence
  • TSUKUBA NextCentury
  • Park&Society Park&Land scape Park&Residence
デュオヒルズつくば つくば市初公園一体開発マンション プロデュース公園とつながるベーカリーカフェ 駐車場 150% 敷地内自走式駐車場完備 約1000冊蔵書完備 ブックラウンジには充実の約1000冊蔵書 全229邸の大規模プロジェクト!
全229邸の大規模プロジェクト!
30秒で簡単 資料請求はこちら 30秒で簡単 資料請求はこちら

1期2次販売スタート!

※大変、多数のお問い合わせを頂戴しておりますため、資料請求者様を優先させていただきます。ご了承の程、宜しくお願い致します。

duo hills デュオヒルズ公式アプリ登場! アプリ限定動画公開! モデルルームVR体験! appstoreからダウンロード googlePlayで手に入れよう 各ストアで「デュオヒルズ」と検索! いますぐダウンロード!

TSUKUBA HISTORY & FUTURE

TSUKUBA HISTORY&FUTURE

成熟から、新たな豊かさを発信していく街へ。
その起点となるコミュニティが誕生します。

日本で唯一の研究学園都市「つくば」

日本で唯一の研究学園都市「つくば」

東京都区部面積の約2分の1となる約28,400haもの広大な面積をもつ「筑波研究学園都市」は、昭和38年にスタートした一大国家プロジェクトです。研究施設と住宅の一体的な建設・配置と、バランスのとれた田園都市としての整備が進められ、この街は日本唯一の研究学園として成熟。周辺に豊かな自然環境を有し、人々の暮らしを支える公益施設や商業・業務機能などハイレベルな都市としての整備が進められ、現在つくば市は20万人を超えるまでに成長しました。

駅を中心とした街づくり

なかでも、東西南北を大通りに囲まれた「研究学園地区」は学園都市の中心エリア。80以上の公園が作られ、つくばエクスプレスの終点「つくば」駅を中心に約48kmにもおよぶ「ペデストリアンデッキ」による安全な歩行者空間が縦横に広がります。また、電柱や電線のない快適な環境整備が図られるなど、美しい都市の街並を形成。「つくば」を象徴する街として、その役割を担ってきました。

日本で唯一の研究学園都市「つくば」

未来への課題とビジョン

開発から約半世紀の時を経た現在、沿線による宅地供給や既存住宅の老朽化、商業環境・働き方の変化などにより、この街での暮らしを取り巻く環境が大きく変わりつつあります。それは、「駅」を拠点とした住まいの価値観が、「暮らし方」や「地域との関わり」を重視する考え方にシフトしつつあるということ。つくば市においても、「世界のあしたが見えるまち。」というテーマのもと、職住遊近接やローカルファーストなど、中心市街地の再生に向けた新たなビジョンを掲げています。

豊かさを体現するコミュニティ

豊かさを体現するコミュニティ

この街が新たに迎える「次の50年」のために、これからの住まいに求められること。それは、地域との有機的な関わりを持ちながら、自分らしく、心地よく、そして永続的に暮らしていけること。自然と寄り添いながらあらゆる世代の人々が交流できるコミュニティや、多様な働き方ができる住スタイル、サードプレイスとしての役割など、これからの暮らし方や価値観に応えていける機能が必要不可欠なのです。

「デュオヒルズつくばセンチュリー」は、約10年にわたりつくばの住環境開発に携わってきたフージャースコーポレーションの、次代へ向けたひとつの解答と言えるでしょう。

park&society

PARK&SOCIETY

社会、地域との関わりを通して、
新しい「豊かさ」を感じられるコミュニティ。

Socializing----地域、コミュニティと積極的に関わっていくこと。
昨今、社会との結びつきに対する意識が高まっており、人々の「豊かさ」に対する価値観も変化してきました。
そんな中で私たちが理想とするコミュニティのカタチ、それはまさに地域の方々の暮らしの中に自然に溶け込み、一人でも、親しい方とも、また初めて出会う人々とも自然体で愉しめ、リラックスできる場所。たとえば世界の有名な街にある都市公園をモデルとしました。

つくば市×フージャースによる都市生活者のための
公園一体型・環境創造プロジェクト。

世界のいい街には、
いい公園がある。

世界のいい街には、いい公園がある

ニューヨークのセントラルパーク、ロンドンのハイドパークなど、人を惹きつける魅力のある街には、必ずと言っていいほど住民に愛される都市公園があります。逆に言えば、そうした日常的な癒しの空間やコミュニケーションの拠点となる「場所」があるからこそ、街の魅力が増していくのでしょう。つくば市との連携により、新たな公園型コミュニティとして誕生する「デュオヒルズつくばセンチュリー」。これからのつくばの暮らしに彩りを与える「場所」となり、新たな価値を発信してまいります。